任意売却無料相談|住宅ローンが残ってしまったけどどうすればいい?

任意売却無料相談|住宅ローンが残ってしまったけどどうすればいい?

任意売却後住宅ローンが残ってしまったけどどうすればいい?

家の経済状況が良かった時代に建てた家ですが、やがて不況のため、年収が減り住宅ローンが支払えない状況になった人が増え続けています。

 

家計を圧迫している住宅ローンでは、手放すのが得策となります。

 

でも、ローンの残っている家でも無事売れるでしょうか?との疑問がわきますが、任意売却という形でなら銀行と相談の上で売却が可能なのです。

 

自宅を売却した資金でローン代を銀行に支払えば、毎月のローン代が無くなり、経済的に楽になる、と安心するのはまだ早すぎます。

 

ローン代は家の査定金額よりも金額が大きいですから、家を売ってしまえば無くなるものでは無いのです。

 

家を任意売却した後でもローン代との差額分をまだ支払っていかなければならない、今までと変わらないローン代を支払っていくのなら何のための任意売却かわかりません。

 

でもご安心ください、銀行や債権者も、支払えなくなる状況に追い詰めてしまっては回収が進まないのを知っていますので、家の売却後は、任意売却業者と交渉の上、一ヶ月に2万円、3万円と小額の返済金額に落ち着くように進んで行きます。

 

それに、任意売却業者の腕によっては、借金の返済額を減らすように債権回収会社との交渉で持っていけます。

 

そうなるとかなり早い段階で残りの借金も返す算段がつきますが、ここまで持っていくには、まず真面目に返済する姿勢を見せて信用を得ることです。

 

小さな金額でもコツコツと返済していくとやがて債権回収会社のほうでも減額に応じてくれると信じて真面目に返済していくと、良い取引できる材料となります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ