任意売却無料相談|競売の対象となるケース

任意売却無料相談|競売の対象となるケース

強制競売と担保不動産競売

自分の所有している家がまさか、競売の対象になるとは夢にも思いません。
ですが備えあれば憂いなし、競売の対象になる場合を簡単にご説明します。

 

 

強制競売と担保不動産競売

 

債権者が債務者または、保証人の所有する不動産を申し立てにより、
事件番号をつけ競売にかけることができるというものです。
これを強制競売と言います。
また、債権者が債務者から抵当権を設定してある不動産の権利者ならば、
抵当権行使の為、事件番号がつけられ担保不動産競売が進められます。
これを担保不動産競売と言います。

対象者はどのような人か?

住宅ローンの等の滞納から始まり、催告書と督促書が届きます。
ここまでで数か月滞納して、個人信用情報機関に登録されます。
そして代位弁済と債権移行が行われ、債権回収会社に債権が移り、一括返済を求められます。
この後にようやく、債権会社は競売の申立てをし、決定執行されるといった流れです。
要は返済できなくなれば対象となる確率が高くなるといったものです。

 

このことから、債務の返済ができない場合、競売にかけられてしまうと考えるよりも、どうすれば競売を回避できるかを考えたほうが良いと言えます
。住宅ローン滞納が始まりだしたら、一度金融機関に返済の相談に行くことをお勧めします。
ここで回避可能な場合もあり、放置していたら悪化していくしか道はないのです。
早めの行動を行い、身を守れるときに守ることが最善の方法ではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ