任意売却無料相談|競売後に残った債務

任意売却無料相談|競売後に残った債務

競売後に残った債務

競売で不動産が売却したからといって、債務がすべて消えるわけではありません。

 

借金は借金。

 

借りたら必ず返さなければいけないものなのです。

競売後の残債

基本的には競売で売却した価格はとても低く、必ずといって良いほど債務は残ります。

 

催告書や督促状などで通知したり、自宅訪問など行っても無視し続けている場合に、競売が発生し、残った債務に関しては金融機関も人の子、所有者に対して心証が悪くなり規定通り事務的になることでしょう。

 

また、残った債務に関しては債権者によるところが大きいと考えられます。

 

競売後、債務者の経済状況や連絡がとれるかとれないなどの状況を、総合的に判断し、1度や2度連絡が来た後に連絡がこなくなったという例もあります。

 

ですが、保証人に支払いの催促がいく可能性もありますので、保証人に関しても債務者同様、総合的な判断で支払いの通知がされます。

 

債務者に資産などがあれば問答無用で、回収しようとしますが、競売という法的措置で解決という考え方をされ、損金として処置される可能性もありますが、その確率はとても低いと考えられるでしょう。

 

ローンが払えないから競売にかけられ、その後の残債まで払えないというのが一般的ですが、競売にならないよう金融機関の呼びかけに応じ、密な相談を重ねて少しでも不利益にならないよう行動すれば、このような苦しみを味わう必要はないです。

 

ですが結果、ここまでいってしまったら方法は二つ、債務整理を行うか、損金処理されるのを待つか。

 

ご自身にとっても一番良い方法を選ぶのが良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ