任意売却の無料相談|自己破産のあと引っ越し費用を出すには

任意売却の無料相談|自己破産のあと引っ越し費用を出すには

自己破産のあと引っ越し費用を出すには

まず、自己破産後は社会的に様々な制約を負うことになるのを、
理解していただきたいと思います。
どのような制約があるのか、少し考えてみてみましょう。

 

 

自己破産後の制約

最近では引っ越しをする際、契約会社または、家主が信用情報機関に契約者の名前が載っているかを確認することがあります。
自己破産者であるという情報が載っていたら、その時点で契約できません。
このことから、引っ越し先を探すのも一苦労だというのがわかります。
その他、自己破産後に生活をする為に最低限の財産を残して、他はすべて換価されてしまい、持家に住んでいる人は、住むところを探さなくてはいけないという状況になってしまいます。
様々な制約を受ける代わりに、免責許可が決定される為、今後のことをしっかりと考えなくてはいけません。

自己破産者の生活状況

免責が許可され、新しい一歩と思いますが、様々な財産がなくなり、今までと同じ生活レベルに戻るのは、とても難しいと言えます。
前に記述した通り、持家から引っ越しを要する場合、費用はどうすれば良いのかを考えなくはいけません。
債務返済ができない為、自己破産を行うわけですから、
貯金がない場合が多数だと思います。
更に、職がなければ安定した収入はありません。
会社のリストラで持家のローンが払えなくなり、自己破産というケースがほとんどです。

任意売却で少しでも高く売る

引っ越し費用を得る為に、持家を任意売却するという手段もあります。
条件として、自己破産前に行わなければなりませんが、競売にかけられるよりも高く売れます。
その費用を引っ越し資金として残しておき、自己破産を行うのが良いのではないでしょうか。
生活を再建させる為、どのように考えて行動できるかが鍵ではないかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ